まったり米国株投資で51歳までにFIREを達成するブログ

普通のサラリーマンパパが投資と趣味を両立させて経済的自由を手に入れる

お金をクルクル回そう!

おはようございます。cooperです。

今朝は、澤上篤人さん著の「お金をまわすだけでいい!」をご紹介します。

澤上さんは、有名な「さわかみファンド」を運用する、さわかみ投資信託株式会社の社長です。日本株の長期投資を信条としています。

本書は、2012年の作品なので、データは古いものにはなりますが、資産形成に関する考え方については多くの学びがありました。以下、列挙します。

学んだこと

  1. 日本の個人金融資産は1515兆円、うち預貯金は790兆円である(2012年)。これはGDPの1.7倍に相当する。
  2. アメリカの個人預金は、GDPの30%程度に過ぎない。
  3. 個人が預貯金の利息収入の半分を消費に向けると、GDPに対して約3%の成長押し上げ要因となる。
  4. 下流社会とか二極化とかクソくらえだ。→その気になって汗水流して働けば、自分の置かれた環境は変えられる。とにかく、今の3倍働いてみよう。
  5. 投資の勉強などしない。→勉強すればするほど、好景気の時に指標判断をして高値掴みをしてしまう。中途半端な勉強はしないほうが良い。
  6. 生活者としてなくてはならない企業、応援したい企業に投資する。ただし、大きく経営展開などして、魅力がなくなれば、切り捨てる。
  7. 自分ひとりでも、とにかく始めよう。
  8. 預貯金は丸投げ無責任→「まじめに預貯金しておけば間違いない」で思考停止している。
  9. 自分の意思と夢と思いと、お金に乗せてやろう。

かっこいい方だなと思いました。

こういう人が政治家にいたら、日本は変わったのでしょうか。すごいのは、2,012年の書籍なので、東日本大震災のあとに、これまで大胆なことを言ったということです。実際に、これから日経平均は大幅上昇していて、アベノミクスなんかも含めて、大きな利益を上げた人も多かったのかと思います。

今年は、アメリカ株投資家にとっては我慢の年だと思います。私も資産を減らしていますが、むしろ今は割安だと思って、買い向かいたいと思います。(日本株にはあまり興味はわかないのですが。。)

本日もありがとうございました!

【22年4月末 資産報告】 

こんばんは、cooperです。今日は月例の資産報告をします。

4月に関西から関東に異動となり、新しい部署での仕事を開始しています。仕事内容は大きく変わり、ほぼ転職に近い形で捉えています。まだ新しい職場や在宅ワークに慣れることができていませんが、徐々に自分のペースで生活していきたいと思っています。

☆FIRE達成(2034年1月1日)まで4,264日です。

☆今月は、4冊の書籍を紹介させてもらいました。特に、久々に読んだ名著「Think CIVILITY」は、やはり今回も自分の人生観に大きな影響を与えてくれました。

←新たな職場には、いわゆる「老害」と言われる方々がいらっしゃいます。ただ、この書籍で言う「礼節」を持った方は数少ないように思われます。正直、この年齢まで今の会社で仕事をしていたくはないですが、少なくとも若い方々に「ウザい」と思われることがないように努力(?)したいと思いました。

22年4月末の資産報告

<総資産>

 42,146,231円(前月比:+23万円 前年比:+779万円)

<資産割合>

 投資資産評価額:2,607万円(前月比:+29万円)

 現金:907万円(前月比:-16万円)

 貯蓄型保険:550万円(前月比:+13円)

 DC:151万円(前月比:+0万円)



<投資内訳(評価額)> 

 米国投資信託:1,317万円(前月比:-7万円)

 米国ETF:444万円(前月比:+25万円)

 米国個別株:258万円(前月比:+7万円)

 日本個別株:567万円(前月比-5万円)

  ※取得額計:2,150万円 評価額計:2,586万円(+436万円 +16.8%)

  ※年間配当金見込み(税引き後):約38万円/年

売買内容

☆4月中は以下商品を自動積み立て(計38万円)

  1.SBIバンガードS&P500インデックスファンド 33,333円(SBI証券 つみたてNISA)

  2.SBIバンガードS&P500インデックスファンド 106,667円(SBI証券)

  3.楽天・全米株式インデックスファンド 50,000円(楽天証券 NISA,クレカ払い)

  4.eMAXIS Slim米国株式S&P500 50,000円(楽天証券 NISA)

  5.eMAXIS NASDAQ100インデックスファンド 80,000円(楽天証券)

  6.VYM(バンガード 米国高配当株ETF) 60,000円(SBI証券)

スポット購入銘柄→なし

考察

・先月、持ち直したかと思われた米国株式市場ですが、4月末時点ではまた下落となりました。

・円安も大きく進んでおり、月末時点では、ついに130円代を突破しています。米国投資家にとっては、一時的に円での評価額は上がっていますが、今の世界経済の状況は良い状況ではないと考えています。ただ「長く投資を続けていれば、これくらいのことはある」と捉えて、粛々と積立を続けていきたいと思っています。(どうせ、スポット買いは上手くできないですし!)

・投資資産の評価額は2,600万円を超えました。年間で約100万円の評価額増+40万円の配当金収入を目指して、まったり頑張ろうと思います。

 

5月も真面目に一生懸命にがんばります!

ありがとうございました!

ブックオフで買い取りをお願いした話

おはようございます。cooperです。

今朝は、今、専らの課題である「引越し準備」について、つづります。現在、我が家が住んでいる住居は賃貸マンションで、もう8年になります。

2〜4年程度で各地を転々としてきた私にとっては、随分と長い期間住み続けられたことになります。

ただ、その弊害として、断捨離にかなり手こずっています。先日も、近所のブックオフで、多くの品物を売りさばいてきました。

<売値がついた主なもの>

 電動ゆりかご(買値:3万円くらい)

 ルンバ(買値:3万円くらい)

 ベビーカー(買値:2万円くらい)

 コードレス掃除機(買値:2万円くらい)

 空気清浄機(買値:1万円くらい)

 ジャングルジム(買値:5千円くらい)

 

気になる買い取り結果は、、合計8,000円。。

買値の10%にも満たない結果となりました。まぁ、どれも5年以上前の品物ばかりですし仕方ないですかね。ちなみに、電動シェーバーは未使用品しか買い取ってくれないみたいです。(要らないので無償で引き取ってもらいました。)

店に持ち込む労力の方が高いたような気がしますが、家の中が片付いたので良しとします。

あとは、明日、粗大ごみを出していきます。私が住んでいる自治体では、ごみに1枚400円のチケットを貼って、指定の場所に出すようです。

今回のターゲットは、自転車と鏡台、本棚です。

どうも1mを超える場合はチケット2枚(800円)が必要となるようです。

(ブックオフでは、ほぼごみみたいなものも引き取ってくれたのに。。粗大ごみって結構かかるんですね。。こう考えると、ブックオフすごいのかも。。)

腰痛に気をつけて、明日もゴミ出し頑張ろうと思います。

 

話は変わり、以下の本を紹介している動画を見て、昨日から「湯シャン」を取り入れてみました。頭皮や髪に与えるダメージを軽減できるようです。

今のところ薄毛の兆候はありませんが、これからどうなるか分かりませんので。

今朝時点では、特に何も問題ありませんが、フケや痒み、ベタつきが出てきたら、すぐやめます!笑

 

本日もありがとうございました!

 

【22年2月末 資産報告】

こんばんは、cooperです。今日は月例の資産報告をします。

☆FIRE達成(2034年1月1日)まで4,325日です。

☆読書記録では3冊紹介させてもらいました。

 ←2月15日の辞令発令以降、引越し準備が忙しく、読書できていません。。

22年2月末の資産報告

<総資産>

 39,735,097円(前月比:+38万円 前年比:+602万円)

f:id:cooper7447:20220228205953p:plain

<資産割合>

 投資資産評価額:2,335万円(前月比:+89万円)

 現金:992万円(前月比:-51万円)

 貯蓄型保険:513万円(前月比:±0円)

 DC:142万円(前月比:-1万円)

f:id:cooper7447:20220228210932p:plain

<投資内訳(評価額)> 

 米国投資信託:1,159万円(前月比:+43万円)

 米国ETF:385万円(前月比:+10万円)

 米国個別株:224万円(前月比:+7万円)

 日本個別株:560万円(前月比+44万円)

  ※取得額計:2,005万円 評価額計:2,328万円(+324万円 +13.9%)

  ※年間配当金見込み(税引き後):約34万円/年

f:id:cooper7447:20220228215208p:plain

売買内容

☆1月中は以下商品を自動積み立て(計37万円)

  1.SBIバンガードS&P500インデックスファンド 33,333円(SBI証券 つみたてNISA)

  2.SBIバンガードS&P500インデックスファンド 106,667円(SBI証券)

  3.楽天・全米株式インデックスファンド 50,000円(楽天証券 NISA,クレカ払い)

  4.eMAXIS Slim米国株式S&P500 50,000円(楽天証券 NISA)

  5.eMAXIS NASDAQ100インデックスファンド 80,000円(楽天証券)

  6.XYLD(グローバルX SP500カバードコールETF) 50,000円(SBI証券)

スポット購入銘柄→なし

考察

・ウクライナ危機の影響で、世界の市場は不安定な状況です。2月25日の米国市場は大きく戻しましたが、まだまだ安心できません。とりあえず、無駄な売買を控えて4,000万円代をキープしたい。

「銃声が鳴ったら買え」という投資格言があるそうですね。今が正にその時のように思いますが、利上げやQTも控えている中、ビビりまくってなかなか追加できません。。VTIなら大丈夫かな。。

・仕事関係では、4月1日付けの辞令が出て、関西から関東方面に引越しすることになりました。工場の現場仕事から統括部門への異動となるので、転職のつもりで臨みたいと思っています。

・異動先では残業代が減ってしまうのと、家賃負担が若干上がってしまうので、節約生活に突入です。

 

そんなこんなで、ゆっくり読書や勉強する時間がなさそうですが、少しずつでもブログを書いていけたらなと思っています。

3月も真面目に一生懸命にがんばります!

ありがとうございました!

FIRE本の決定版です!

おはようございます。cooperです。

今朝は、山崎俊輔さん著の「日本版FIRE超入門」をご紹介します。

色々な投資やFIREに関する書籍を読んできましたが、特におすすめできる一冊となっています。

普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門

普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門

  • 作者:山崎俊輔
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

本書をおすすめする理由

  1. 日本の制度を活用した内容となっている
  2. 厳しい現実についても書かれている
  3. FIRE達成後に必要な手続き、資産管理が分かる

まず1について、これまでのFIRE本は、米国版FIREがベースになっていたと思います。米国版では不動産投資も選択肢の一つとして挙げられていましたが、本書では「不動産・FXに手を出さなくてもFIREの挑戦は成り立つ」と明言しています。これは私も同感です。良い物件を自分で見分ける、もしくは紹介してもらえる自信は全くありませんし。。

イデコやNISAの活用についても分かりやすく書かれています。

 

2について。FIREは良い面ばかりが取り上げられますが、やはりその道程は厳しいと仰っています。まずは節約スキルを身に付けて、それをFIRE成功後も続けよとのことです。

  • 年収アップは欠かせない
  • 働きがいに搾取されないよう、ドライに年収の多い仕事を選ぶ
  • 共働きかつ奥さんも正社員を目指す
  • 固定費10%減、生活費25%減を目指す

特に私が目指す50代でのFIREにおいても、7,000万円(年利2.0%想定)くらいはあった方が良いと述べられています。確かに年金がもらえる65歳までの間、資産を取り崩していくのにビクビクしたくはないですよね。かなり保守的な考えにも好感が持てました。

 

3について。正直これが私の中で最も興味があった内容です(しかし他の本ではあまり書かれていなかった)。実際に退職した時に、どんなお金がもらえて、どんなお金が必要になってくるかということが丁寧に説明されています。雇用保険や健康保険の手続きなど、かなり大変そうです。

また、FIRE後は自分の金融資産を取り崩していくことになりますが、「自分で自分に払う給料」のような仕組みを作ることを勧めています。定期的に生活費を利確していくイメージですね。

 

そしてやはり最後は、FIRE後の「生きがい」を見つけることについて書かれていました。

山崎さんのお父様は、リタイア後1年は「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすか」ということに悩まれたそうです。かなり深いですね。

本書では、主に3段階のFIREを紹介されています。

40歳代→50歳代→プチFIRE(60歳)といった感じです。

これを「5年刻み」で再チャレンジしていこうと勧められています。私も50歳で一度考え、働きたかったら働けば良いくらいに考えたいなと思います。

 

かなり実践的でタメになる内容となっています。

最近、FIRE本として似たような本が出回っていますが、まず本書を読んでいただきたいと思います。

本日もありがとうございました!

 

↓高配当株による資産形成に興味のある方はこちらもおすすめです。

 

 

 

 

株はメンタル!

おはようございます。cooperです。

今朝は、長田淳司さん著の「株はメンタルが9割」をご紹介します。

長田さんは、サラリーマン投資家を支援する投資家で、本人も兼業投資家として資産を築いています。

リーマンショックなどの失敗を経て中長期投資にシフトし、元金300万円を7000万円強まで増やしたということです。

10億円とか夢見たいな数字ではなく、ある程度現実的な数字なので、好感が持てますね。

書評

最近、「○○は○○が9割!」みたいな本がありふれすぎてて、正直、怪しく感じていましたが、多くの学びがありました。

むしろ、こういう安っぽいタイトルにしなければ良いのにと思ってしまいました。

  1. 二流投資家を目指せ→銘柄の上がり下がりを読むことなんて不可能。中長期投資で50%以上の勝率の投資を続けよ。
  2. 株の儲けは我慢料→株価が動かない「凪(なぎ)の状態」を受け入れることができるメンタルを持て
  3. 相場に張り付いてはいけない→メンタルのブレにつながる
  4. 必要な情報はシャットアウトせよ→専門家の意見は百害あって一利なし
  5. 怖いと思って買った時ほど儲かる
  6. ポジションを取りつつ、追加投資資金も常にキープしておく→メンタルの安定につながる

経験に裏打ちされた、実践的なテクニックだなーと思いました。投資を始めた頃だと、なかなか理解できなかったかもしれませんが。

1月下旬頃より、私がメインで投資している米国株が大きく下げており、100万円くらい総資産が減少するのを指をくわえて見ていました。

こういう時に、メンタルは大事だなと思いました。特に6でご紹介した、追加投資資金の確保はとても大事だと思います。フルインベストメントなんて言葉もあり、カッコいいななんて思いますが、やはり一定のキャッシュは持っておくと心の余裕につながります。

 

この下落相場(今日は反発していますが)で、どう動くか、本書で学んだこともうまく活用できたらなと思います。

本日もありがとうございました!

 

 

人生を攻略する

おはようございます。cooperです。

相場は連日の下げでなかなか厳しい状況ですね。ちょっとナンピンしてみましたが、タイミングを間違えたか。。また「資産激減!」の記事を上げようと思っています。

 

今朝は、橘玲さん著の「人生は攻略できる」をご紹介します。

書評

本書は副題として「お金と仕事と幸せの授業   君たちはこれからどう生きるか?」とテーマ付けされています。これまで語られてきた橘さんの「人生との向き合い方」のエッセンスを、学生や新社会人向けに分かりやすく解説しています。子供が高校生くらいになったら読んでもらいたいなーなんて思っています。

私自身、橘さんの書籍は数多く読んでおり、本書で復習することができました。やはりこの方の生き方には、非常に憧れるものがあります。

そのエッセンスを列挙します。

  1. 人生はロールプレイングゲーム→大富豪の子供の人生はレベル99から始まるため、つまらない(ようです)。
  2. 可能性は無限大だが、年をとると減っていく→自分だけの「スペシャルなもの」を持つこと。さもなければ、50代でどうすれば良いか分からない大人になってしまう。
  3. キャラに合った自分らしい生き方をする
  4. 「圧倒的な努力」ができるのは好きなことだけ
  5. 会社ではなく仕事を選ぶ→トライ&エラーを繰り返し、自分らしくできる仕事を見つけ出す。
  6. 1万時間の法則→1日10時間×3年間で、「一流」になれる。なぜこんなに努力できるのかというと、それが「好き」だから。
  7. 会社は社員が幸福になるためのただの道具→ルールを守った上で使い倒せばいい。
  8. 好きなことより得意なことを選んだ方がうまくいく
  9. お金が大事なのは、お金があれば「お金から自由にしてくれるから」
  10. 「自由」とは、イヤなことをイヤだといえること
  11. 若いうちは人的資本が高く、金融資本は低い→若いうちは人的資本を活用し、よく働くこと。
  12. 専業主婦は2億円損をする
  13. 年収800万円を超えると、そこからは幸福感があまり変化しない
  14. 宝くじは「愚か者に課せられた税金」→期待値がそもそも50%。
  15. 所有からシェアする時代へ→車も部屋も不要。
  16. マイホーム購入によりリスクが不動産に大きく偏る
  17. 日本のサラリーマンは世界でいちばん会社が嫌いで、自分の仕事にネガティブな感情を抱いている
  18. 伽藍の世界を捨ててバザールに向かおう→より開けた世界に身を置くこと。定年後にもその仕事を続けられるかを常に意識する。
  19. 幸福の土台は、金融資本(お金)、人的資本(仕事)、社会資本(愛情・友情)である→このうち、まずは2つを満たすように努力しよう。
  20. ギバーになろう→面白い情報を教えることができる、面白い知り合いを紹介できる人は強い。
  21. モノよりもコトの方が幸福感は長く続く

 

こんなおじさんが、近親者にいたら人生観も変わって良いななんて思います。いや、「いつも、あの人遊んでばかりで何してるんだろう?」と怪しんでしまうでしょうか。

人生の新たな節目に向けて土台づくりをしている今、日々どうやって過ごすべきか考えさせてくれる良書です。

本日もありがとうございました!

 

人生は攻略できる