まったり米国株投資で51歳までにFIREを達成するブログ

普通のサラリーマンパパが投資と趣味を両立させて経済的自由を手に入れる

老後の資金を確保するために

おはようございます。cooperです。

今朝は、垣谷美雨さん著の「老後の資金がありません」をご紹介します。

天海祐希主演で映画化された作品ですね。

書評

本書は、主人公一家に突如ふりかかった数々の金難を、主人公である妻(篤子)が切り抜けていくエンターテイメント作品です。

本書で登場した金難とは、以下のようなことでした。

  • 娘のハデ婚を両家で折半(600万円)
  • 姑の高級施設費用を仕送り(月9万円)→後に姑とは、同居することになる。
  • 舅(しゅうと)の葬式代(200万円)
  • 夫婦でリストラ(退職金出ず)

いかがでしょうか?

このイベントが一気にふりかかったら、老後資金はかなり目減りしてしまうのではないでしょうか。

実は昨日まで実家に帰省していたのですが、最近はポツポツ両親ともこういった類の話をするようになりました。

母は葬式なんて地味で良いくらいの感じでしたが、父は「戒名は欲しいな…」とつぶやいていました。

戒名って、付けてもらうのに何十万もかかるらしいですね。意味分からないですよね。

私は、ただ焼いてもらえれば、それだけで良いと思いますが。。

老後資金を確保するために

  • 自分の資産を正確に把握する
  • 見栄を張らない
  • イベントの費用を事前に見積もっておく(学費、結婚式、葬式など)
  • 投資を続ける
  • 過剰に資産を残そうとしない

これらが大事だと思います。

これらが出来ていれば、ムリに定年まで働かなくても良いはずです。

本書をきっかけに、老後のことを少し考えてみてはいかがでしょうか。

 

本日もありがとうございました!